投稿日:

足の乾燥によるかゆみについて

20歳頃から足のすね、ふくらはぎにかさぶたが目立つようになりました。

最初はあまり気にしていませんでしたが、カミソリによる自己処理を繰り返すうちに、範囲がどんどん広がっていきました。

かさぶたがあることにより、かゆみにつながり、またかさぶたが剥がれてしまい、傷になるを繰り返す悪循環ができてしまい、皮膚科にかかりました。

原因は乾燥によるかゆみと言われ、軟膏を処方してもらい、保湿を心がけてくださいと言われました。

その日から、薬局で大容量で値段がお手頃な体の化粧水を購入し、お風呂上がりと朝起きてからの2回、体全体になじませるようにしました。

とくに足にはコットンに含ませた化粧水で丁寧になじませるようにしました。

そのあと、保湿クリームを塗り毎日のケアを欠かさず行うようにしたら、かゆみがだいぶ落ち着きました。

またカミソリによる自己処理をやめにして、電気シェーバーによる自己処理に変更しました。

やはりカミソリは肌への負担が大きくおすすめはできないようです。

そして、脱毛のエステサロンへ通い始めました。自己処理による肌への負担を減らし、少しでも早くキレイな足になりたかったからです。

エステサロンでの脱毛は美肌効果も期待できるそうです。

普段ほとんどの方は、お顔のお手入れとして、化粧水、乳液、クリームなど行っていると思います。

しかし、体のお手入れとして、お顔と同様に丁寧に向き合ってあげてください。

お肌にダメージが出てからだと、治るのに時間がかかりますし、跡として残ってしまう可能性もあります。

投稿日:

足の無駄毛処理について

私は足の無駄毛が非常に濃いです。

パッと見て男性(それも濃い方)の足に見えます。

ですので、無駄毛の処理も一苦労で・・・・。

カミソリ、除毛クリーム、ブラジリアンワックス、除毛器具など様々なものを試しましが、

皮膚がかぶれたり、うまく処理できなかったりで逆に状況が悪化することも有りました。

(今はあきらめてカミソリで処理してしまっています・・・。)

冬の時期は肌の露出が少ないので処理する回数が少なくてよいのですが、(ちょっと引くぐらいに伸びますが・・・。)

夏の時期はそうも言っていられません。

入浴時にカミソリで剃るのですが、次の日の朝には「ジョリッジョリ」になります。

まるで男性の髭のようです。

体を拭くときにタオルの繊維が引っかかってしまうこともあります。

インターネットで正しい無駄毛の処理の仕方など調べたことも有りますが、

例えばカミソリだと毛の流れに反して剃らないなどありましたが、毛の流れに沿った方法だと全然剃れない・・・!

逆にカミソリの歯を当てる回数が増えて皮膚が荒れてしまいました。

「もう、限界!!」ということで、自己処理に限界を感じて医療脱毛に通う事にしました。

値段は張りますが、自己処理のイライラから解放されると思うと安く感じます。
つるつるの足を夢見て頑張りたいと思います!

投稿日:

年齢とともに変わりゆくフットケア

15歳くらいのときに成長期で太り始めて悩んでいましたが、その中でも特に脚のむくみや太ももの太さが気になって悩んでいました。

そのため、加圧ソックスや微電流が流れるローラーを使ってみたり、お風呂の湯船に浸かり足首から太ももまで40分程かけて揉みほぐしたり・たたいたり、洗い場で「荒塩」や「脂肪の燃焼をさせるカプサイシン入りのホットクリームやジェル」を脚に塗ってマッサージをしたりと、脚のむくみや脂肪対策に良いと言われていることは全て試して、対策を取ってきました。

しかし、20代まではそれで効果があり良かったのですが、30代になり歳と共にむくみも太さもさらに激しくなり、これだけでは手に負えず…。

困った挙げ句に、雑誌にて脚のむくみ取りに最適で良いと口コミが書かれていた電化製品の「脚用マッサージ機」を購入して試してみました。

すると、一回使用しただけでも一気に脚のむくみが治り、太もものお肉もスッキリと締まって変化しているのが分かり大興奮!

こんなに手軽に気持ちよく脚がスッキリ細く楽になれるだなんて驚きで、それからは、どんなに疲れていても、この脚用マッサージ機だけは使うようにして毎日簡単に脚のケアをしています。

また、むくみの予防や脂肪を付きにくくする(代謝をよくする)ために、脚を冷やさぬよう家の中では常に靴下を3枚履くように心がけたり、寝起きに足湯をして脚の血行をよくさせたりしていて、そのお蔭で30代の現在、脚のむくみや太ももの太さは全く気にならなくなり、サイズを気にしないで好きなボトムスを着ることができています。

投稿日:

お風呂上がりのマッサージ

私は25歳を過ぎたあたりから下半身のむくみがひどいです。

10代の事はそのような経験がなかったので今になって様々な事を後悔しています。

筋肉量が減ると血液を押し返す事が出来ずに滞留してしまいますがまさに今の私がその現象です。しかし、運動する時間も限られているので

お風呂上がりのマッサージは欠かせません。では、どのような工程で行っているかというとまず湯船に30分以上つかります。予想以上に長く感じる方もいると思いますが

体温が上がらないとマッサージしても効果がありません。

お風呂から上がるとクリームを塗ってからネットを見ながらマッサージをします。

方法は毎日違う工程でしています。ネットに上がってくるものを見てしているので飽きずに長く続けることが出来ています。

その後は少し筋トレをしてから寝ますがその前に水を飲みます。

老廃物を排出する効果が高いのは寝ている時なのでしっかり水分補給をして就寝します。その工程を数年続けていますがその日のむくみは改善されています。たまに疲れて寝てしまいますが

マッサージをしている時としていない時の違いを実感する事ができます。

日中はデスクワークが主なので座りながら出来るトレーニングをしながら仕事をしています。

投稿日:

私の足の浮腫み対策

以前は足の浮腫みなんて気にした事なんかなかったのに、最近では、立ち仕事でも座ってても夕方には、くるぶしが分からなくなる程ムクんでしまいます。

ここでは、私なりの浮腫み対策法を書きたいと思います!仕事の日、という前提で。私の職場はパンスト以外着用禁止なので、着圧ソックスなどは履けないので、少々高めになりますが着圧ストッキングを履いています。

休憩中は、スニーカーに履き替え爪先立ちで歩いたり、何かに掴まって、踵を上げたり下げたりを繰り返します。この運動によって、ふくらはぎを刺激し、足の血流を良くします。ふくらはぎは第2の心臓と言われていて、ふくらはぎの筋肉を鍛える事で、足の浮腫を抑えられるそうです。

休憩時間にできることは限られているので、本格的なケアは帰宅してからになります!帰宅してリラックスモ-ドになってるとき、必ずやる事はふくらはぎのオイルマッサージです。オイルは自分の好きな香りを選ぶようにすると、癒し効果もありオススメです。

マッサージの仕方としましては、足首から膝裏に向けて揉み上げます。ときには、アキレス腱のラインを、足首から5センチ間隔でツボ押しの要領で、息を吐きながらゆっくり5秒くらい押していきます。これは足の血流を良くするだけでなく、血圧をも下げると言われている作業です。ツボ押しの一番上は、膝裏の、膝を軽く曲げた状態での、ちょうどド真ん中の窪みを押して下さい。

このヒザ裏の窪みにあるツボは腰痛に効くそうですよ!足の浮腫だけでなく、立ち仕事で腰に不安がある方にもオススメです。

投稿日:

加齢とともに足も太くなる

30代までは、何もしなくても足がほっそりとして、くびれもあり、むくむこともなく、メリハリのある足でした。

しかし、40歳を過ぎると、膝の上には皮膚や脂肪がたまり、ひざ下は、ふくらはぎが丸く膨らんで、若い時とはまるで違う形に変わってしまったのです。

それに、夕方になると、足がむくんでますます太く、冬にブーツを履いたら、朝は入ったのに、夜には履けなくなるくらいの太さの変化が出るようになってしまったのです。

年は取りたくないものです。そこで、このままではいけないと思い、何とかして足を細くしたいと思いました。

平日はなかなか時間が取れないので、週末の休みの2日間に、たくさん歩いてみようとしたのです。まず、家の近くを30分間散歩すると決めて、それを4週続けてみました。

しかし、朝はほっそりするどころか、逆に食欲が出てしまい、たくさん食べるようになって、ますます太くなるという最悪の結果になってしまいました。

せっかくダイエットをして足を細くしたくて始めたのに、逆効果でとてもショックでした。

はやり、スポーツジムで、汗を流し、トレーニングして頑張らないとダメなのか、と思ったのですが、なかなかジムに行く程の時間はないので、今度は、平日のバス通勤で、2駅前から降りて、会社まで歩くようにしました。これは毎日するので、かなり運動量が増えたのか、やっと少し足が細くなってきました。

ですが、若い時に比べるとまだまだです。また昔のような足に戻りたいものです。

投稿日:

綺麗な足になるためにやっていること

学生の時から綺麗な足をしていると言われていましたが、20歳を超えたあたりから下半身の肉付きとなかなか痩せない事実を実感しました。

仕事上日中は座りっぱなしなので夕方にはパンパンにふくらはぎがむくみます。

少しでも綺麗な足を保つために私がやっているのは日々のマッサージです。

まず全身浴か足湯を15分程行って血流を良くしてから、足裏からふくらはぎにかけてむくみをとるようにマッサージを行います。

10分ほどかけて片足ずつ念入りにすると、マッサージをした足とまだの足の太さと血色が明らかに違うことがわかります。むくみをとるだけで違いが出るのでマッサージは欠かすことはできません。

マッサージ以外には、週に数回むくみに効くストレッチを行っています。

また、夏はサンダルで素足になるし冬はストッキングやタイツをはくので踵のケアも行っています。2?3ヶ月に一度、市販の「Baby foot」という角質ケア用品を使用しています。

この商品は、一度行うとやみつきになります。1週間ほどで効果を感じ始め、踵がとても綺麗になります。

角質をとることで、におい対策にもなるようで冬場にタイツとブーツという蒸れる組み合わせで一日を過ごしても全く気にならなくなりました。

これらのことが効果を発揮しているのか、綺麗な足をしていると言われることが多くなりました。