投稿日:

綺麗な足になるためにやっていること

学生の時から綺麗な足をしていると言われていましたが、20歳を超えたあたりから下半身の肉付きとなかなか痩せない事実を実感しました。

仕事上日中は座りっぱなしなので夕方にはパンパンにふくらはぎがむくみます。

少しでも綺麗な足を保つために私がやっているのは日々のマッサージです。

まず全身浴か足湯を15分程行って血流を良くしてから、足裏からふくらはぎにかけてむくみをとるようにマッサージを行います。

10分ほどかけて片足ずつ念入りにすると、マッサージをした足とまだの足の太さと血色が明らかに違うことがわかります。むくみをとるだけで違いが出るのでマッサージは欠かすことはできません。

マッサージ以外には、週に数回むくみに効くストレッチを行っています。

また、夏はサンダルで素足になるし冬はストッキングやタイツをはくので踵のケアも行っています。2?3ヶ月に一度、市販の「Baby foot」という角質ケア用品を使用しています。

この商品は、一度行うとやみつきになります。1週間ほどで効果を感じ始め、踵がとても綺麗になります。

角質をとることで、におい対策にもなるようで冬場にタイツとブーツという蒸れる組み合わせで一日を過ごしても全く気にならなくなりました。

これらのことが効果を発揮しているのか、綺麗な足をしていると言われることが多くなりました。